編集後記

■ 4月8日から10日までの3日間のイベント、Java DayTokyo 2015、およびOracle CloudWorld Tokyo 2015はお陰様で盛況のもと無事に終了しました。お力添え頂いた関係者のみなさま、本当にありがとうございました!ホッとしております。会期中は、本当によく会場内を歩き回ったなぁと思います。そういえば3年前は京都で同じように大きなイベント会場にいたのですが、IDカードを持参するのを忘れてしまい、「この人、IDカードをもっていませんよ」とセキュリティの方に“別室へご案内”頂いた苦い経験を何故だか思い出しました。(し)

■ 誕生20周年を迎えたJava。4月8日に開催された「JavaDay Tokyo 2015」では、Javaの今後の方向性を示唆する多彩なデモが披露されました。個人的には家庭用コミュニケーション・ロボット「Pepper」をJavaで書かれたプログラムを通じて動作させるデモが印象的でした(Pepperの動きが思いのほかかわいくて……)。この20年間、劇的な変化を遂げてきたIT業界において、Javaは常に中心技術の1つとして、さまざまなシーンで活用されてきました。それはこれから到来するIoT時代でも変わらないでしょう。“成人”を迎えたJavaの今後の展望にワクワクした1日でした。(お)

■ 「社員犬Candyのオフィス訪問」。今回はOracle CloudWorld Tokyo 2015の会場で撮影・取材させていただきました。会場で撮影していると「あっ」という間に多くの来場者が集まってきて、身動きがとれません。「かわいい!」「こんなに大きいんだ!」「毛がフサフサしている」と大人気です。日頃オラクル製品を活用くださっている皆様のオフィスをCandyが訪問します。Candyに会いたい方、ご応募お待ちしております!(か)

ご意見・ご感想をお寄せください

今号の「ORACLE MAGAZINE 日本版」はいかがでしたか?
今後も弊誌では、読者の皆様の声を参考にさせていただきながら、よりいっそうお役立ていただける誌面づくりに努めてまいります。ぜひ皆様の率直なご意見・ご感想をお聞かせください。お待ちしております。

E-mail:oramag-edit_jp@oracle.com

ORACLE MAGAZINE 日本版に関するお問い合わせ、送付先の変更、および停止については、上記連絡先まで、Eメールにてご連絡をお願いいたします。その際、変更前・変更後のお名前・郵便番号・ご住所・貴社名・部署名、および電話番号をかならずご明記ください。


ORACLE MAGAZINE 日本版
Vol.23 2015年5月29日発行

編集・発行 日本オラクル株式会社 マーケティング本部
発行人 奥村 圭悟
制作 日経BP社/日経BPコンサルティング
印刷 大日本印刷株式会社

〒107-0061
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
TEL:03-6834-6666(代表)

Copyright (c) 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
OracleとJavaは、Oracle Corporation、およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
本誌掲載の記事、写真、図表の無断転載を禁じます。

ページの先頭へ