VISION 2020

 2014年、オラクル・コーポレーションは設立37年を迎えました。その歴史を通してオラクルは、変容を遂げる企業のITプラットフォームの姿を見通した積極的な研究・開発投資を行ってきました。最新のテクノロジー、およびそれに基づく製品やサービスを提供することで、お客様のビジネス価値の最大化を支援してまいりました。日本市場においても同様に、日本オラクルが設立された29年前から、データベースを中核とした幅広い領域で、IT分野のパートナーとしてお客様のビジネスの成長に継続的に貢献してきたと自負しています。

 そしていま日本オラクルでは、データベース分野のNo.1企業としての地位に安住することなく、新たなチャレンジを進めています。2014年4月に「VISION 2020」の中で掲げた、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに、日本市場において「No.1 クラウドカンパニー」となるべく、さまざまな取組みをさらに強化してまいります。

 私たちが思い描いているのは、クラウドの分野において、多様なプラットフォームをお客様が自由に選択し、自社のビジネスに最適なIT 環境をスピーディに構築・活用できる世界です。

 ビジネスにおけるクラウド活用を新たな次元へと導くことによって、さらなる価値提供を目指す今後のオラクルに、ぜひご注目ください。



ページの先頭へ