NEWS & TOPICS

ニュース

企業活動をリアルタイムに支援する新製品
Oracle Database In-Memoryの国内提供を開始

俊敏性が求められるビジネスのリアルタイム化を加速する革新的なインメモリ技術

 日本オラクルは、革新的なインメモリ技術によりOracle Database 12cの処理性能を飛躍的に向上させる新製品Oracle Database In-Memoryの国内提供を開始することを発表しました。

 今日の企業では、大量のデータを俊敏にビジネスに活かすための仕組みが、差別化と競争力向上のために求められています。Oracle Database In-Memoryは、既存のOracleデータベース内に保持された構造化データをより高速に分析したいというニーズに対応し、運用管理性・開発生産性に影響を与えることなく高速化を実現できる新しいテクノロジーです。これにより、業務と意思決定のリアルタイム化を支援します。

 Oracle Database In-Memoryは、ロー(行)型とカラム(列)型の処理を最適に組み合わせるデュアル・フォーマット・インメモリ・アーキテクチャにより、分析、データウェアハウス(DWH)、レポート生成におけるデータベースの処理性能を飛躍的に向上させ、同時にオンライン・トランザクション処理(OLTP)の高速化も図ることができます。これにより企業は、ビジネス上の洞察をリアルタイムに得ることで、より優れた意思決定が可能となると同時に、トランザクションの処理性能を大幅に向上することができます。

 その機能は、Oracleデータベース上で稼動する既存のすべてのアプリケーションで容易に利用できます。プログラムの追加やアプリケーションの変更をおこなうことなくカラム型インメモリ処理のメリットを自動的に利用でき、大幅な高速化が実現します。Oracleデータベースのスケールアップ、スケールアウト、ストレージ階層化、可用性、セキュリティの技術が完全に統合されています。また本製品は、Oracle Database 12cに対応するすべてのハードウェア・プラットフォームで利用できます。

Oracle Database In-Memoryの詳細
http://ora.cl/cFu/
ニュース

「IoT Developer Challenge」の受賞者が決定!

 米国Oracle Technology Network(OTN)、およびOracle Academy主催の「IoT Developer Challenge」の受賞者が決定しました。

 「IoT Developer Challenge」とは、ホーム・オートメーション、ロボット工学、認証、オフィスデザイン、ソーシャルメディアの各分野において、JavaとIoT*1の技術を用いて制作された、創意とアイデアあふれるプロジェクト作品のコンテスト*2です。

 短い動画によるデモンストレーションは、BGMと映像だけで表現されているものもあり、英語が苦手な方でもほぼ内容が理解できるように作られています。学生の部とプロフェッショナルの部における6チームの興味深い作品を、ぜひご覧ください。

*1:Internet of Things:モノのインターネット
*2:出典:https://www.java.net/challenge

室内の植物を安心して育てられる完全装備の自動温室。遠隔から、光、温度、湿度を監視・制御することができます。
Twitter経由で対話するスマート・ソーシャル・ロボット。自宅から離れているときに、室内の様子を知るためにツィートを送受信します。
共有オフィススペースを実現する革新的なデザインのデモです。
IoT Developer Challengeの詳細
http://ora.cl/Ua4

ページの先頭へ