編集後記

■ 本号でもExadataを採用されているお客様を取材しています。パフォーマンスアップしたり、事前検証済みであったり、いろいろな観点でコストが減り、イノベーションのためにリソースがまわせます。次号では少し角度を変えて、クラウドや新しいチップなどの観点で、どうオラクルがイノベーションを支援できるか紹介します。『アイアンマン3』も、あと数カ月で公開ですので、またコラボレーションが見られるかも!? (ゆ)

■ 1月中旬に20年来の大親友の結婚式に招かれ、火の国・熊本に行ってきました。貯まっていた飛行機のマイレージを使おうとオンラインのページで予約をしていた際、わからないところがあったのでコールセンターに電話をかけたところ、素敵な対応を経験しました。昨今カスタマー・エクスペリエンスという言葉をメディアで頻繁に目にしますが、心地よい対応を経験できるのであれば、確かに少し高い金額を支払ってでも同じブランドを次回も利用したい、と実感した今日この頃です。(し)

■ 企業ITの世界で常に注目を浴び続けてきたSPARC。今号では、その25年の軌跡を追いました。いかがでしたでしょうか。ちなみに、SPARCが誕生した1987年は、私がもっぱら愛飲している「アサヒスーパードライ」が発売された年なのだとか。まもなく桜の季節を迎えますが、花見酒はやっぱりコレに限ります。申し遅れましたが、今号から本誌の編集に携わることになりました。「春は花」なんてことを申します。新しい職場で一花咲かせるべく、魅力あふれる誌面づくりに努めてまいります。(り)

ご意見・ご感想をお寄せください

今号の「ORACLE MAGAZINE 日本版」はいかがでしたか?
今後も弊誌では、読者の皆様の声を参考にさせていただきながら、よりいっそうお役立ていただける誌面づくりに努めてまいります。ぜひ皆様の率直なご意見・ご感想をお聞かせください。お待ちしております。

E-mail:oramag-edit_jp@oracle.com

ORACLE MAGAZINE 日本版に関するお問い合わせ、送付先の変更および停止については、上記連絡先まで、Eメールでご連絡をお願いします。その際、変更前・変更後のお名前・郵便番号・ご住所・貴社名・部署名および電話番号をかならずご明記ください。


ORACLE MAGAZINE 日本版
Vol.15 2013年2月28日発行

編集・発行 日本オラクル株式会社 マーケティング本部
発行人 奥村 圭悟
制作 日経BP社/日経BPコンサルティング
印刷 株式会社千修

〒107-0061
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
TEL:03-6834-6666(代表)

Copyright(c) 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
本誌掲載の記事、写真、図表の無断転載を禁じます。

ページの先頭へ