Engineered Systems Specialization

「Specialization」は、オラクルが全世界共通で導入するパートナー企業向けの認定制度です。本制度は、オラクルの主力製品や業種別ソリューションを中心に100以上の分野別に認定基準を定めることで、パートナーの専門性を可視化します。パートナー企業は、「Specialization」の認定取得により特定領域における自社の専門性を訴求することが可能です。

詳しくはこちら

ソフトウェアとハードウェアを一緒に提供することで、パフォーマンスの向上とコスト削減を同時に実現できるOracle Engineered Systems。新たなビジネスニーズの先駆けとなるOracle Engineered Systemsの分野でSpecializationを取得されたバートナー様をご紹介します。

Oracle Exadata Database Machine

株式会社アシスト
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
SCSK株式会牡
NTTデータ先端技術株式会社
新日鉄住金ソリューションズ株式会社
TIS株式会牡
東芝ソリューション株式会社
日本電気株式会社
日本ユニシス株式会社
株式会牡野村総合研究所
PSソリューションズ株式会社
株式会社日立製作所
株式会社富士通北陸システムズ

Oracle Exalogic Elastic Cloud

株式会社アシスト
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
NTTデータ先端技術株式会社

Oracle Database Appliance

株式会社アシスト

Sun ZFS Storage Appliance

株式会社アズム
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社

2013年1月31日現在の国内での取得パートナー(五十音順)

日本オラクル株式会牡

Copyright(C)2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved. OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。

ページの先頭へ