編集後記

■ ラジオから聞こえてくる昭和のJポップや演歌をBGMで聴きながら、いきつけの呑み屋でさまざまなアイデアをいつも考えている私。もう冬が訪れそうな情趣を松田聖子さんの曲から感じ、足のはやい12月を迎えようとしています。ソーシャルメディアやモバイルが主流になってきた昨今でも、まだまだラジオという媒体に強い魅力を感じます。ラジオのスペルのRつながりですが、オラクルに「R」という頭文字のエンジニアド・システムズ製品が新たに加わりました。このZero Data Loss Recovery Appliance、これまでの常識を大きく変えそうです。(し)

■ ランニングシーズン真っ盛り、イベントも花盛りです。走りこみ系イベントは目で素通りするファンランナーですが、「GARMINの最新版、無料体験できます」のコピーにつられて参加した、心肺トレーニングは目からうろこでした。GARMINの最新版は、走行時の心拍数、身体の上下動から歩幅まで細かく計測できるようになっていて、心拍数に応じた効率的なトレーニングのナビゲーターになってくれるという優れもの。データがたまると、フルマラソンのタイムまである程度予測できるそうです。ひたすら距離を積み重ねることが練習だった時代には想像もできなかった未来。技術をうまく使えば、ランニングライフも大きく変わる時代になったんですね。(よ)

■ 映画俳優の高倉 健さんが逝きました。残念です。「網走番外地」や「昭和残侠伝」で堪え忍ぶ男の姿を学び、「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」で夫婦愛に涙し、ハリウッド作品の「ブラック・レイン」ではエンターテインメントに徹したストーリーにハラハラドキドキしました。年老いてもいぶし銀のように渋く、色気がある俳優さんです。大好きです。もっともっと健さんをスクリーンで見たかったです。合掌。(か)

ご意見・ご感想をお寄せください

今号の「ORACLE MAGAZINE 日本版」はいかがでしたか?
今後も弊誌では、読者の皆様の声を参考にさせていただきながら、よりいっそうお役立ていただける誌面づくりに努めてまいります。ぜひ皆様の率直なご意見・ご感想をお聞かせください。お待ちしております。

E-mail:oramag-edit_jp@oracle.com

ORACLE MAGAZINE 日本版に関するお問い合わせ、送付先の変更、および停止については、上記連絡先まで、Eメールにてご連絡をお願いいたします。その際、変更前・変更後のお名前・郵便番号・ご住所・貴社名・部署名、および電話番号をかならずご明記ください。


ORACLE MAGAZINE 日本版
Vol.22 2014年12月12日発行

編集・発行 日本オラクル株式会社 マーケティング本部
発行人 奥村 圭悟
制作 日経BP社/日経BPコンサルティング
印刷 株式会社千修

〒107-0061
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
TEL:03-6834-6666(代表)

Copyright(c) 2014, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
OracleとJavaは、Oracle Corporation、およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
本誌掲載の記事、写真、図表の無断転載を禁じます。

ページの先頭へ