編集後記

■ 9月におこなわれたOracle OpenWorld 2013 San Franciscoですが、今年は当イベント以外でも大きな盛り上がりを見せました。同時に世界的なヨットレースのAmerica’s Cupが開催されていたのです。決勝戦まで残ったオラクルチームUSAは、1敗もせずに8連勝しなければ優勝できないという難しい状況から、逆転優勝を果たしました。関係者だけでなくイベントに参加されたお客様も一緒に、期待を裏切らない逆転劇にワクワク感を味わうことができました。(ゆ)

■ 7年後のあなたは何をしていますか? 9月初旬に東京での2020年のオリンピック開催が決まったこともあり、7年後の未来を想像・予想することがマスメディアをはじめ、各方面で展開されています。もてなすことや、もてなされることが得意な日本の2020年。どのような未来なのか楽しみですね。とかく変化や革新が頻繁に起こるIT業界の7年後はどんな世界なのでしょう。晩秋の今夜そんな7年後を考えてみようと思います。(し)

■ 三陸の雄大な自然と復興の今を知ることができる自転車イベントとして開催された、ツール・ド・東北2013に参加してきました。初開催ということで“復興支援”のつもりで行ったら、沿道からの声援と三陸の海の幸にもてなされて帰ってくるという、とても素敵なイベントでした。主催は河北新報社と前号のキャンディ連載で訪問させていただいたヤフー。ITを活用した復興から人が集まるイベントへつなげる行動力に感動しました。来年以降も継続開催を表明されているので、ぜひ参加して復興を見続けたいと思います。(す)

ご意見・ご感想をお寄せください

今号の「ORACLE MAGAZINE 日本版」はいかがでしたか?
今後も弊誌では、読者の皆様の声を参考にさせていただきながら、よりいっそうお役立ていただける誌面づくりに努めてまいります。ぜひ皆様の率直なご意見・ご感想をお聞かせください。お待ちしております。

E-mail:oramag-edit_jp@oracle.com

ORACLE MAGAZINE 日本版に関するお問い合わせ、送付先の変更、および停止については、上記連絡先まで、Eメールにてご連絡をお願いいたします。その際、変更前・変更後のお名前・郵便番号・ご住所・貴社名・部署名、および電話番号をかならずご明記ください。


ORACLE MAGAZINE 日本版
Vol.18 2013年11月28日発行

編集・発行 日本オラクル株式会社 マーケティング本部
発行人 奥村 圭悟
制作 日経BP社/日経BPコンサルティング
印刷 株式会社千修

〒107-0061
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
TEL:03-6834-6666(代表)

Copyright(c) 2013, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
OracleとJavaは、Oracle Corporation、およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
本誌掲載の記事、写真、図表の無断転載を禁じます。

ページの先頭へ