編集後記

■ 今年の10月15日で日本オラクルは創業から30周年を迎えます。会社の歴史をずっと近くで見てきてはいませんが、私の知る限り直近の5年間だけでも、劇的に変化・進化を遂げてきていると思います。拡充が進むOracle Cloud Platformが、近未来の社会の進化にどのように貢献していけるかとても楽しみです。ドラえもんがいたら、のび太の勉強机の最上段の引き出しから、5年後の2020年まで時空移動して、未来の日本オラクルの姿や社会を「ちらっ」と見てみたい、と想いを巡らす秋の夜長な今日この頃です。(し)

■ 世界3大スポーツイベントの1つ、ラグビーW杯。2015年イングランド大会では日本代表が初戦で強豪・南アを大逆転の末下し、世界中のラグビーファンが沸きました。トーナメントの行方は本稿執筆時点ではわかりませんが、素晴らしいプレーを見せてくれた日本代表選手に心から敬意を表したいと思います。「POCO」を旗印に掲げるオラクルも「1人はみんなのために、みんなは“勝利”のために」の精神で「No. 1クラウドカンパニー」を目指し、トライしている最中です(ちなみに「All for One」の「One」は本来「1人」ではなく「勝利」を意味するのだそうです)。(お)

■ 東洋人にして世界的なスーパースターになった武道家ブルース・リー。今年は生誕75周年だそうです。1973年の遺作「燃えよドラゴン」の名セリフ「考えるな。感じるんだ。(Don’t think, feel.)」は、わたしの心の支えとなることばです。取材時の驚いたこと、感心したこと、反省したことなどを“感じながら”日夜編集しています。(な)

■ 「社員犬Candyのオフィス訪問」ですが、今号はCandy超多忙なためお休みです。次号の登場にご期待ください。(か)

ご意見・ご感想をお寄せください

今号の「ORACLE MAGAZINE 日本版」はいかがでしたか?
今後も弊誌では、読者の皆様の声を参考にさせていただきながら、よりいっそうお役立ていただける誌面づくりに努めてまいります。ぜひ皆様の率直なご意見・ご感想をお聞かせください。お待ちしております。

E-mail:oramag-edit_jp@oracle.com

ORACLE MAGAZINE 日本版に関するお問い合わせ、送付先の変更、および停止については、上記連絡先まで、Eメールにてご連絡をお願いいたします。その際、変更前・変更後のお名前・郵便番号・ご住所・貴社名・部署名、および電話番号をかならずご明記ください。


ORACLE MAGAZINE 日本版
Vol.24 2015年10月5日発行

編集・発行 日本オラクル株式会社 マーケティング本部
発行人 渡邊 貴子
制作 日経BP社/日経BPコンサルティング
印刷 大日本印刷株式会社

〒107-0061
東京都港区北青山2-5-8 オラクル青山センター
TEL:03-6834-6666(代表)

Copyright (c) 2015, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
OracleとJavaは、Oracle Corporation、およびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。
文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。
本誌掲載の記事、写真、図表の無断転載を禁じます。

ページの先頭へ